挙式と、新婚旅行も済ませられるとなると、お得ですよね。

日本の日常とは違うところでの挙式。女子なら人生に一度は憧れるのではないでしょうか。憧れだけで、眠らせておきますか、その夢。どうせなら、思い切って海外での挙式を計画してみようよ。その夢に賛同してくれる人生の伴侶と一緒に計画していくと、二人の絆が深まり、信頼関係も深まるのではないでしょうか。

祝って欲しい人は?

私は未経験なのですが、聞いた所の話ですが、参列者の名簿、招待を願う人など、人選には一苦労するのではないでしょうか。この人を呼ぶと、あの人も呼ばないといかないが、そうするとあちらの人との関係をどうしよう等ね。なので、共通のルールを作る必要もあるのかもしれないですね。挙式をあげる二人のルール。

海外での挙式、国は?どんな式にする?

海外での挙式は、暖かいところをイメージしますが、寒い地域をあえて選ぶという人もいるのでしょうか。パートナーになる方が寒い地域の人であるということなら理解できますが、大体はリゾート地ではないでしょうか。寒いと体が縮こまってしまいますから、暖かいところでゆっくりと過ごせるといいですよね。

海外での挙式は女子なら一度は憧れるのではないでしょうか。

いつにしますか。
挙式の時期によって当然のことながら、費用も変動しますよね。
費用を重視するのなら、挙式は国内での地味婚にすべきでしょう。
しかしながら、沢山の人に祝って欲しいと願うのなら、少々の無理はしても海外で思う存分、気持ちが高揚する挙式をしたいと願うのは、誰しも当然のことではないでしょうか。費用がネック?それは、稼げば良いのですよとは簡単に言えないけれど、探せば、挙式費用や衣装もレンタルで当事者の費用負担0円というのもあるかもしれないですね。
え?じゃ、どうやって渡航するのかって問題があるけれど、渡航費用は別なんだよね。なので、上手にやるくりすれば、狙ったところでの海外挙式も夢じゃないのよ。そして、その体験を新婚である二人が共有して、人生を共に歩んでいくことに意味を持たせられるのではないでしょか。

日本国内にとどまることなく、海外での挙式となると、二人が共にのりこ会えなくてはならない課題が、沢山あるでしょう。
日取りのこと、招待する人の人数、そして結婚してからの生活のことなど、数え上げればきりがありません。
しかし、人生の伴侶として選んだ人と共に課題解決に向け取り組むこと自体に意味があるように思うのです。
そう、失敗という言葉はなく、結果があるのみですから。どんな結果も楽しむという気持ちで取り組むと、とても面白い挙式となるのは、間違い無いでしょう。そんな二人の歩みを祝福して欲しいと願う人とも、暖かい時間を創り上げて言って欲しいものです。

▲ TOPへ戻る