祝って欲しい人は?

新郎と新婦だけの挙式もアリだよね

新郎と新婦、二人だけの結婚式もありだよね。
新婚旅行も兼ねて、リゾート地での挙式をいうのも、簡単で安価で収まるのではないでしょうか。
そして、二人の実生活に重点を置いて家計の計画を立てていくとう現実的な人もいるでしょう。
だって、挙式は写真があれば十分だという人もいるからね。
それよしも、持ち家を目標に貯金をする方が、満足度が上がるという理由かもしれないです。
それぞれの人生、自分で切り開いて生きていくという意味では、二人だけの挙式がシンプルで良いかもしれないですね。
そして、周囲の方が、披露宴としてパーティをしてくださると更に幸せな時間を過ごすことができるかもしれないですね。それも、これも、日頃の付き合いなんかが表立って見える機会でもあるでしょう。

パートナーの意見

こちら側がシンプルな挙式を望んでいても、パートナーの意見が、必ずしも同じとは限らないですよね。それは、交際している時から、話題に上ってはいると思いますが、譲れる部分と、妥協できない部分を明確にして、そのわけも、冷静に話しあることが大切だと思います。
もしも、話し合いで解決できないのであれば、その結婚、取りやめになってしまうかもしれないですよね。結婚する前にわかってよかったと、ポジティブに受け止めましょうよ。
何事も経験として次のステージに向かいましょう。

話ができない人とは、交流できないですからね。
しかし、逆のパターンがあるかもしれないから、気をつけておきたいものです。お互い様という言葉があるように、譲り合う気持ちがあるのも結婚を決意した当人同士にはあるはずですよね。


▲ TOPへ戻る